コンフィデンシャルインプレレビュー

今回はソリンコのポリエステルガット・コンフィデンシャルをインプレしたいと思います!

初回のインプレ日は【2020/11/29】日になります♪

商品情報

商品名 CONFIDENTIAL/コンフィデンシャル
品番 単張り【KSC787】/ロール【KSC787R】
長さ 単張り【12.2m】/ロール【200m】
ゲージ【太さ】 1.15mm/1.20mm/1.25mm/1.30mm
素材 CO-ポリエステル
構造 モノ/5角形
カラー ガンメタリック
定価 単張り【2600円+税】/ロール【34000円+税】
発売時期 2020/2月末ごろ

5角形ポリで発売時期は2020年でガットとしては新しめなんだな!

メーカー説明

・SOLINCOポリストリングでNO1のホールド感。
・コントロール性能とスピン性能が両立。
・弾きが良くパワー、スピードも兼ね備えている。
・互角形状による脅威のホールド性&スピン性能を発揮

インプレ

このインプレはFX500に52ポンドでコンフィデンシャル1.25mmを張り上げた環境で書かれています♪

打球感【あっさり系ポリで素材としては硬め】

打球感は素材としては硬さがあるとは思いますが、弾き感がありそれなりに振っている【もしくは強くスイング】時にはむしろ打球感の軽さを感じました。

ガットの素材ベースでのもっちり感やホールド感は感じないのですが、ガットの滑りからくる食いつき感から柔らかさや軽さを感じられるポリだと思います。

反発性・伸び【厚みのあるインパクトor速いスイングスピードで恩恵を得られる】

筆者としては反発性も強いと思いますし、何よりもボールのスピード感は非常に優秀なポリと感じます。

ですが、誰にでもそうであるかはちょっと疑問符で少なくとも趣味でもそれなりにボールを打っていく人にとってそういう恩恵が強いガットだとも思っています。

試合には全く出ずに楽しくラリーを重ねるくらいのテニスではガットの滑りを使って打たない方もおおくいらっしゃるのでそういう方にはあまり反発のアシストやスピード感のアシストを感じずらいガットだと考えてはいます。

もちろんテンションの調節によってガットの滑りを良くすることで恩恵をうけやすくすることはできますが、
学生や競技レベルでテニスをしている方に向いているとは思います♪

スピンアシスト性【ガット全体で秀逸。しかし、スピード感の方が優秀】

スピンも個人的にはとてもかかって回転系でのコントロールはつけやすいガットだと感じました。

しかし、ボールのスピード感>スピンアシスト性
の関係は崩れないとも思いました。

打ち方によっても感じ方は変わるでしょうが、回転系ショットでぐりぐり優位性を高めるにしてもボールスピード感が出てくるでしょうし、
筆者のようなフラットドライブベースの打ち方ではボールのスピード感にちょっとした変化をつけることで攻撃性と安定感を生み出せると思います。

よくかかるけど、メインの特性ではないかと感じています♪

まとめ【フラットメインでも、スピンメインでも競技者レベルなら恩恵が多い】

どちらかというとカラッとしたシャープな打球感で食いつき感から柔らかさを感じられるガットだと思います。

それなりのスイングレベルとインパクトの厚みがあることでボールスピードメイン+回転量を得られ軽快なショットが打てるガットだと思います。

こういうタイプの他のガットもありますが、出るボールスピードに対しての打球感の軽さは強い傾向があると思います。

競技レベルで攻め切りたい方は一度使ってみる価値ありだと思います♪

ラケット別

FX500

イメージとしては高弾道でボールが飛んでいくというよりはほどほどの高さでスピード感のあるボールが飛んでくれる印象。

使い始めはちょっとオーバーが多い印象でしたが、スピンをかけることで安定感を出すことができました。

ボールのスピード感が素晴らしくストローク戦は打ち込んでいくことで旨味がしっかりと感じられました。

また、一番良かった点はサービスでの回転量の多さです。
やはりスイングスピードが一番出るサービスではフラットで打っても球速は出ますし、回転系のサービスの角度のつけやすさやキレが素晴らしく感じました。

個人的にはかなり良いセッティングでした。

テンションもおおむね今のテンションでちょうどよかったと思います。

春・秋【15度想定】51-53ポンド
夏【30度想定】53-55ポンド
冬【5度想定】48-51ポンド

このあたりがこのセッティングでの適正テンションになると思います♪

ガット別

リンクスツアー

リンクスツアーインプレレビュー

リンクスツアーもボールのスピード感や回転アシストを強く打つことで感じられるポリだと思っています。

この二つを比べると筆者としてはリンクスツアーの方がやや打球感が硬いのではないかと考えています。
個人的にはリンクスツアーの方がよりスイングスピードを求められていて、使用者がしっかり振れば振るほど恩恵を与えてくれるイメージがあります。

コンフィデンシャルでも十分すぎるほどアシストしてくれるとは思いますが、より求めていきたい方はリンクスツアーは良いガットだと思います。

取り回しの良さで言えばコンフィデンシャルの方が難易度が優しめだと考えています♪

ブラックコード

筆者個人的にはブラックコードよりのガットだとも感じています。
打球感のタイプは近いものの感覚としてはブラックコードの方がやや柔らかさがあり少ない力での反発アシストを感じています。

一方で強く打っていった時に伸び感やボールのキレを出してくれるのは筆者的にはコンフィデンシャルの方がアシストしてくれている感覚を持っています。

ブラックコード使用者がもうちょっと打ち込んでいきたいと思った時にコンフィデンシャルは良い選択肢の一つになると思います♪

ハイパーG

ハイパーgソフトのインプレレビュー

ハイパーGはスピンアシスト性が高いガットとしてすでにかなり認知度のあるガットだと思います。

筆者もスピンアシスト性は高いと思います。
プレーの安定感を出すという意味ではハイパーGは非常に優れているポリだと思います。

コンフィデンシャルと比べてもスピンアシスト性に関してはハイパーGの方が高いと考えています。

しかし、ボールのスピード感や伸び感で考えてみるとスピンアシスト性が少ない分コンフィデンシャルの方が出ていると思います。

コンフィデンシャルもスピンアシスト性は決して悪くなくむしろポリ全体では良い方だと筆者は考えていて、スピード感や伸び感も出したいと考えている方はコンフィデンシャルも一度試して欲しく
スピンアシスト性を重視したいというのであればハイパーGを使ってみると良いと思います♪

コンフィデンシャルの処方箋

そもそもコンフィデンシャルはそこそこにスイングできる方におすすめしたいガットではあるのですが、低いテンションで張ることでガットの動きが出やすくなり扱いやすくなると思います。

特に多くスピンをかけるタイプの方は【当たりが薄め】低いテンションの方がコンフィデンシャルが反応をしてくれると思います。

フレームの硬度が硬めのFX500の52ポンド環境でも筆者はしんどさ【硬さ的に】を感じなかったのでフレームは大きく選ばないガットだと思います。

しなるフレームにパワーを出したいときには良さそうなガットです。

一部プレステージシリーズのような反発力が少なめのモデルをお使いの場合はテンションは最初は低めに設定しておいてください♪

価格帯を調べる

この記事を書いた【2020/11/29】日時点での最安値は
単張り1250円
ロール14190円
になります。

価格は日々変動していますので現在の値段が気になる方は下のリンクからご確認ください♪

コンフィデンシャル

【各ショッピングモールで値段を比較】

ここまで読んでくれてありがとよ!
Popular Posts!
スタテニは毎日読めるテニスのブログ♪

2015年から運営するも2017-2019はテニスからほとんど離れていました。
2020年テニス熱が戻ってきた筆者は毎日テニスしています♪

ブログも毎日更新を日課としているので是非、定期的にブログの方にお越しください♪

SNSも作ったからフォローよろしくな!
質問とかあったらガンガンしてくれ♪

Twitterでフォローしよう