レッドアディクトインプレレビュー

レッドアディクトはYテニスショップという並行輸入ラケットを扱っているネットショップのオリジナル商品です。
筆者も見たことないガットだったので購入した後にオリジナルということに気づきました笑初回インプレは【2020/12/05】になります♪

商品情報

メーカー ワイバーン
商品名 レッドアディクト
ゲージ 1.25mm
素材 ポリエステル
構造 7角形
カラー レッド

メーカー説明

大手メーカーと同品質で低価格をコンセプトに生まれた当店オリジナルガット断面はボールに喰いつきやすい7角形のツイスト、スピン派のユーザーには商品名の通りこのスピン能力の中毒(addict:依存、中毒等)になってしまうんじゃないでしょうか?品質に関しても大手メーカー製ガットのOEMを手がける工場生産品なので間違いなし。デザイン:色もラケットに張った時に映える赤、ツイストが光の反射でかっこいい性能:大手メーカーのスピンガットとまったく遜色無し価格:オリジナルガットだからできる、この価格、同程度の性能の大手メーカー品でこの価格で買えるガットは絶対ありませんこんな良い所づくしのガット是非使ってみてくださいね。

インプレ

今回はFX500に52ポンドでは張り上げた環境でインプレしています!

打球感【シャープな打球感でしっかりタイプのポリ】

打球感はどちらかというとシャープな打球感。
ポリ全体で考えた時にはやや硬い〜硬いの硬い寄りになると思います。

ホールド感やモチっと感はあまり感じず球弾きの良さを感じます♪

反発性・伸び【あたりが薄いと反応は薄いがしっかり打てば反発も伸びも感じ入る】

使っていて感じたのはガットの素材自体は硬めなので、当てるだけのスイングではガットのアシストをあまり感じず飛びもあまり感じません。

基本的にはしっかり振る人向けのガットであると思います。

それなりのあたりの厚さやスイングスピードを持って打てば反発性も威力感もしっかり出せてガットの旨味を感じられました♪

スピンアシスト性【スピード感+αでスピンもかかる】

それなりにスイングをして打った時には筆者としてはスピンもしっかりかかるように感じました。
スピン多めのショットやフラットドライブベースのショットどちらも打ちやすく飛びすぎずアウトすることも少なくバランスの良いポリだと思います♪

まとめ【中級から上級者向けのポリエステル】

使っている感覚としてはやはりそこそこに硬い材質のポリエステルガットではあると思います。
ホールド感などは少なく球離れも早いのでインパクトが厚いか、スイングスピードが速くて擦るかどちらかではないと扱いにくいタイプのガットではあると思います。

その代わりにしっかりと打っている分にはスピード感もスピンアシスト感どちらも感じられるので硬めでしっかりとしたポリが好きなのであれば一度使ってみる価値はあるガットだと考えています♪

ラケット別

FX500【1.25mm/52ポンド】【2020/12/06】

fx500とレッドアディクトインプレレビュー

2時間ほどシングルスで使用してきたのですが、相手が女性ということもあり合わせるだけの打ち方を序盤にしていてコントロールの難しさを感じました。
途中からスイングスピードをあげてスピンをかけていったのですがそこからこのガットの良さを感じれたのですが、そもそもが反発系ラケットで球離れが早めのFXなのでガットも球離れが早いとさらに持たなくなるのでスピード感は出せますが扱いが難しく感じました。

もう少しテンションを落として使用するとガットの食いつき感や柔らかさも感じられると思うので、個人的にはもう少し低いテンション設定が良いかなーと感じています。

春・秋【15度想定】48-50ポンド
夏【30度想定】50-53ポンド
冬【5度想定】45-48ポンド

この辺りがこのセッティングでの筆者の適正テンションになると思います♪

他ガットと比べる

トルネード

Yテニスショップ側の説明でトルネードに似ていると書いてあったので筆者なりにトルネードと比較してみます。

個人的には打球感の硬さはレッドアディクトの方があると思います。
しっかりと打った時のスピンアシスト性もレッドアディクト。

筆者としてはトルネードの方がどちらかというと柔らかさがあり弾力性のある打球感になるのかなと思っています【どっちもガットとしてはパリッとしていてシャープです】
個人的にはトルネードはそこまでスピンアシストが強いガットではないと感じていてボールスピードが出しやすいと思っています。レッドアディクトの方が回転がかかる印象でトルネードの方が球速が出ると考えています。

確かにガット全体で見た時に類似しているけど違いとしては筆者はこういう風に考えています♪

レッドアディクトの処方箋

レッドアディクト自体がそこそこに硬めの打球感のポリエステルなのでフレームが硬いラケットに使うとパワーが出ますが社会人で筆者のように肉体的なピークを過ぎた人間が使うと肘にきそうです。笑

個人的には柔らかいフレームに対してパリッとした打球感のガットを使いたい人に向いているガットだと思います。
ブレードのV7 18×20
グリンタ
ビタス
ツア−100
とかの柔らかいフレームでちょっとパワーを付け足したいと感じている方は選択肢の一つにしてみてはいかがですか??

価格帯を調べる

Yテニスショップのオリジナル商品なので他では買えない商品です。
単張り700円
ロール9000円
程度です♪

レッドアディクト

ここまで読んでくれてありがとよ!
Popular Posts!
スタテニは毎日読めるテニスのブログ♪

2015年から運営するも2017-2019はテニスからほとんど離れていました。
2020年テニス熱が戻ってきた筆者は毎日テニスしています♪

ブログも毎日更新を日課としているので是非、定期的にブログの方にお越しください♪

SNSも作ったからフォローよろしくな!
質問とかあったらガンガンしてくれ♪

Twitterでフォローしよう