軟式テニス経験者のラケットの選び方

年末に久しぶりにテニスの試合に出場してきました。

小さな地方の大会ですが、結果は準優勝。
8試合もしたのでもー翌日は体ばっきばきでした。

試合のビデオをとっていたのですが、そのビデオから自分の反省点を書いて行きたいと思います♪

まずは筆者の場合どういうところが反省点だったのか書かせるぜ!

サービス

ダブルフォルトは少なく一試合であって2本程度。
試合に勝つうえで最低ラインは守ったかなと思います。

しかし、ファーストサービスの確率が悪く、大事なところでブレークを許していました。

フォーム的にはめったに自分のプレーを動画で見ることがなかったのですが、体が開きまくっていました。

本来体の開きを抑えてパワーを伝えるのが個人的にはベストなのですが、サービスの角度をつけようと体開きすぎていること、また右足も思ったよりも体の横近くに出てしまっていたので日々の怠慢を感じました。

試合の過程で疲れていたということもありますが、体のひねりにかなり頼ったサービスになってしまっていたのでもう少しバランスよく体全体を使って疲れないフォームに修正していく必要があると思います。

ストローク

フォアハンド

ダブルスの試合でフォアサイドをしていたのですが、動画を見ているとミスをしている時は右肩が先行してしまいボールの内側を叩いてしまっていて角度がついていないことが多かったです。打点を前にとろうとして腕が出てこずに肩だけが出て打点がむしろ遅れていたということです。

試合中はなんか調子悪いなーくらいに考えていたのですが、そりゃークロスにボールがしっかり返らないわけです。

バックハンド

リターン以外で極力打たないようにはしていて打数自体はすくないのですが、前衛に引っかからない逆クロスを打ててましたし、バックハンドについては特段問題はなかったと思いますが、フットワークが悪すぎてポジションにしっかりというよりは相手のボールの速さを利用して合わせるだけのボールが多かったです。

しっかりとボールを打ち込んではいなかったのでどちらもできるようにはしておきたいと思いました。

ボレー

ボレーに関してはミスは少なく決めるところはきっちりと決めていて悪くはなかったと思いますが、
攻め込むタイミングではないボレーの返球の精度があまり良くなかったと思います。

もう少し、シビアにボールを返球することで優位にポイントをすすめられただろうなという場面が多かったです。

とりあえず返して次を待つのスタイルでは相手のレベルがあがるにつれてどんどんつらくなってきました。

最低ラインはクリアしていたけどできればもう一歩先の優位性のあるプレーを多くするというところまでできていたらと思います。

総評【まとまりはあるが及第点程度・サービスとフォアハンドは改善点あり】

フットワークの課題は山積み【加齢のせいと言いたい。。。】

フォアハンドとサービスに関しては崩れていることも多く今後修正するのが楽しみです。

バックハンドやボレーに関しては大きく崩れることはなかったもののもう少し攻めてポイントを有利に運ぶこともできたと考えています。

自分の試合を振り返るコツ

自分の試合の振り返りのポイントはまずは、
良かったところを見つけてあげましょう。

ここはよくできていたというところを見つけたあとに
確率の低かったショットを見つける。
【細かく高い打点のフォア、引く打点のバックなど見るとなおよし】

そこまで見つかれば次はどう改善するか考えます。

筆者のフォアハンドの場合は右肩が腕より先行していることがあったので肩の先行を治すイメージと腕が出てくるイメージを持つこと。

何個か見つけて理由を考えて改善方法を考える。
あとは普段の練習で実践あるのみですね。
できれば練習中も動画をとればさらに復習出来て良いですね♪

紙に書きだすとより考えがまとまるのでそれも取り入れてほしいところ。

自分の実際の試合を振り返るのは上達するための最重要ポイントなので是非みなさんもやってみてください♪

自己分析は超重要だから是非やってみてくれよな!
Popular Posts!
スタテニは毎日読めるテニスのブログ♪

2015年から運営するも2017-2019はテニスからほとんど離れていました。
2020年テニス熱が戻ってきた筆者は毎日テニスしています♪

ブログも毎日更新を日課としているので是非、定期的にブログの方にお越しください♪

SNSも作ったからフォローよろしくな!
質問とかあったらガンガンしてくれ♪

Twitterでフォローしよう