軟式テニス経験者のラケットの選び方

今回はサービスが得意で武器という方に向けてこれから陥るであろうこと、またはいまそういう状況にある方に向けて価値のあるものになればいいなと考えています!

サービスが一番得意な場合はストローク力が伸びない

筆者は若いころ自分でいうのもあれですが、ビックサーバーだったと思います。
ストローク・ボレーも苦手ではないですが、どこに頼る??となるとサービス一発ドカンで流れを引き戻したいと考えていました。

そういったプレーをしている時に問題になってくるのが、他のショットの対応力や技術が向上しないということです。

試合での経験値というのは練習よりもはるかに高いのに、その試合でサービスだけでポイントをとろうとするとポイントが仮に取れても、ストロークやボレーの球数を稼げません。

短期的に見た時に試合に勝てる率は上がるのですが、長期的に見てバランスよい成長の妨げになると筆者は考えています。

試合に勝てたらよくね??

じゃあ手加減して試合で打てってこと??

長期スパンで見ると試合の中でサービスに頼らない試合の展開というのもありかもしれません。

もちろん、サービスで有利な展開を作ってそこからチャンスボールを打つという練習もできますし、【サービスに特化しすぎてチャンスボールをミスることが多い選手って意外と多い。】実際速いサービス=反動で対応も遅れることになるので、普段遅いサービスを打っていて、いざ試合の中で速いボールを打つとリターンに間に合わないというケースもあります。

大事なのはバランスで、頭の中でサービスだけに頼って練習を普段行ってしまうとストロークの強化に意識がいかなくなりますし、サービスが得意な人ほどそれも伸ばすことも考える必要もありますが、他のサービスほどの自信がないショットに練習時間を割く方が大事だと考えています!

ビックサーバーがサービスからの展開で練習すべきポイント

チャンスボールでしっかりと優位性を高められるようにするストローク

強いサービスを打つと一番多いのが浮いてくるボールです。
ここでしっかりと次の展開を有利に進めるストロークないし、アプローチを打てるかどうかが、ビックサーバーが試合に勝つためのポイントになります。

一発で決めないにしてもサービスで作った優位性を保つ程度のショットを打てるように踏み込んで打つ高いボールの技術は身に着けてほしいショットです♪

サービス優位をなくす、中ロブに対する返球

相手のレベルが上がってくるとこういったボールを狙って返してきます。
自分が打った強いサービスを無にする、中ロブないしスピンのかかった返球。
これも叩く余裕があるのであれば攻めていきたいところですが、ボールの深さによっては攻められないことも多いです。

フォアであろうが、バックであろうが、こういったボールを左右に返球できる技術を身に着けるとサービスの優位性はなくなっていることが多いですが、その後の展開につなぐことができます♪

相手が上級者でリターンが強く帰ってくる場合

相手のリターンが強烈なのであれば、サービスを目いっぱい打っているのであれば、反動で対応が遅れないようにもともと意識すべきポイントですが、サービスを打ってからスプリットステップまでの流れをどれだけ自然に速くできているかがポイントになってきます。
たとえ相手のボールが返ってこない場合でも自然とサービス→スプリットステップまでが行われていることがまずはこういった相手と当たった時のスタートラインです♪

ビックサーバーは相手によって段階をかえて練習をすると吉

段階フロー

・チャンスボールをしっかりと打ち込めるようになる
・サービス優位性を0にするリターンに対する返球を習得する
・厳しいリターンに対応するサービス→スプリットステップまでの自然な流れ

本当によくあることですが、この段階をすっ飛ばして周りが上手だった場合、いきなりリターンが強く帰ってきます。となると、試合の予選でもっと弱い選手と試合をした時に甘いボールを叩いてミスを連発するという選手が多いです。つまりは速いボールに対しての対応力はあるが、遅いボールに対して抵抗力がない選手が作りあがっています。速いボールというのは自らボールのパワーを伝えなくてもタイミングさえ合えば返球が容易なのですが、逆に遅いボールは自分からボールに対してボールにパワーを伝える必要があります。なので基礎能力が速いボールよりも求められるのです。

つまりビックサーバーは普段の練習試合では相手によって段階的に合わせていろんなサービスを打って、いろんなパターンを練習することで全体的なショットの底上げにつながるということだな!

そうですね!
強いサービスはそれだけで十分に試合ではアドバンテージがあるので加えて他のショットもしっかり練習してほしいと思います。

もちろん、たくさん試合を重ねることでサーブを強く打ち続けても経験値は稼げるので練習量がたくさん確保できる方はそういったことを意識しなくても良いと思います。

これは練習時間を多く確保できない方で効率よくストロークや他の展開の経験値を稼げる方法として紹介しています!

人によってはサービスをわざとゆっくり打つなんて遠回りになるって考えるだろうな!
正しいようで危険もあるかなって思うぜ!

最終的には自分が本来持っているサービスでさらに質を高めていけばいいと思いますが、他のショットがへなちょこないし精度が悪いというのはビックサーバーが陥いりがちなポイントだと思うんですよね。

筆者も若いころにもう少し頭があればという反省の元この記事を書いているので、100%間違ってはいないと思っています!

スイングスピードは変えずに回転量を増やしたりコースを振り分けたりして調整はできるのでビックサーバーでもし同じようなことに悩んでいる方がいれば挑戦してほしいなと考えております♪

まぁ確かにサービス一本でポイントが決まるより一本でも多くラリーが続いた方がそのほかのショットのレベルは上がるかもな!

みんなも気が向いたらやってみてくれ!

ここまでよんでくれてありがとよ♪

Popular Posts!
スタテニは毎日読めるテニスのブログ♪

2015年から運営するも2017-2019はテニスからほとんど離れていました。
2020年テニス熱が戻ってきた筆者は毎日テニスしています♪

ブログも毎日更新を日課としているので是非、定期的にブログの方にお越しください♪

SNSも作ったからフォローよろしくな!
質問とかあったらガンガンしてくれ♪

Twitterでフォローしよう