軟式テニス経験者のラケットの選び方

今回はダンロップから新しく発売されたCX200 2021を使ってきたのでインプレしたいと思います♪

初回インプレ日は【2021/02/02】になります!

商品詳細

スペック

メーカー希望小売価格 33000円+税
長さ 27インチ
フェイスサイズ 98インチ
重さ 305g
フレックス RA 64
グリップサイズ 2・3
ストリングパターン main 16本 × cross 19本
推奨テンション 45~65ポンド
バランス 310mm
カラー レッド×ブラック(商品コード:DS22102)
素材 グラファイト、高弾性グラファイト、高反発ウレタン、制振ゴム
フレーム厚 21.5mmフラット
原産国 MADE IN CHINA

メーカー説明

打球の威力とハイレベルなコントロールを求めるプレーヤーに。
飛びとコントロールを重視した98平方インチ・フェイスのボックス形状フレームを採用。
大きなスイートエリアに加え、パワーロスなく、しなりとホールド感を向上し、オフセンターショットでも振り抜きやすく、多彩なショットを自在に打ち込めるアスリートモデルです。

ユーチューブ

インプレ

初回ハイパーG1.25mmを49ポンド
2回目をすでに試していてそれはポリツアーストライク1.25mmを44ポンドで張り上げています。

このインプレでは初回に使用したハイパーGでインプレしていきたいと思います。

打球感【柔らかくボールを持つ】

ラケット全体で見た時に打球感は柔らかく、ホールドする感覚を強く感じるラケットです。
ですが、しっかり感も残っており、しっかりしながらも柔らかさを十分に感じさせてくれる印象を持っています。

打球感は心地よくよく作られたラケットです♪

反発性・伸び【反発性はやや優秀・ボールの伸びはそこそこといったところ】

ただ、ラケットに当てただけの反発力では競技モデルとしては高いと思いますが、反発系モデルに比べると抑えられています。

スペック的同一モデルの中では反発力は普通から良いくらいの間に属しているラケットだと考えています。

今回のセッティングがハイパーGということもあると思いますが、回転数が多くなり、ボールの伸びはあまり感じませんでした。
打球感の柔らかさが出ている分前のモデルよりも伸びの観点では抑えられていると感じています。

スピンアシスト性【コントロールモデルという割にはスピンがよくかかる】

コントロールモデルでスピン性能についてはメーカー側でも押している感じがあったのですが、個人的にはスピンがよくかかる印象がありました【ハイパーGの影響が強かったとあとでストライクで使ってわかっています。】

ですが、打球感が柔らかく球持ちの良さがあり筆者としてはスピンアシストは特別に強いとは感じはしませんが、自分でかければ必要十分にスピンもかかるラケットだと思っています!

まとめ【ラケットとしてはオールラウンドだが、競技モデルとしてはボールの伸びはあまりない】

使っていて最も感じたのは強打した時のボールの伸びはあまり出ないというものです。

あまりインプレでラケットのことを否定はしたくはないと思うのですが、少なくともハイパーG環境でのインプレではラケットのパワーを頼りにはできず、しっかりとボールに対して自分のスイングの圧で打っていかないといけないと感じました。

ブイコアプロや、プレステージなどは振り切ればラケットのパワーでボールの伸びを出してくれる印象があるのですが、今作のCX200に関してはそういった伸びを重視したラケットたちに比べると競技モデルとしては物足りなさを感じています。

そうである代わりに、柔らかさや取り回しの良さは感じるので、競技モデルとしては扱いやすいモデルの立ち位置になると思います。

伸びが出ないとデメリット面を先に書いてしまいましたが、コントロール面と打球感の柔らかさでは非常に秀でたラケットであると考えています!

ガット別

ハイパーG【1.25mm/49ポンド】

打球感はやや硬めでスピンアシスト性の高いハイパーGとの組み合わせでは個人的にはスピンがかかりすぎてボールの伸びをあまり感じられなかったです。

と言いますが、新球で打ったときには必要十分なボールパワーも残していました。

比較対象は最近ではVCORE98に同じくらいのテンションでハイパーGを使っていて比べるとVCOREの方がボールの伸びを感じることができました。

CX200【2021】×ハイパーGも悪くないのでしょうが、ボールの伸びを感じないと感じた方は調整してみてもよいと思います♪

ポリツアーストライク【1.25mm/44ポンド】

ボールの伸びが少し足りないと感じたので少しローテンションにしてさらに硬めではありますが、打ち込んだ時にボールスピードと伸びを出してくれるポリツアーストライクを張り上げて使用してきました。

この組み合わせとテンション設定では非常にボールの伸びを感じさせてくれました。

テンション設定としてはかなり低めではあるのですが、非常に良い組み合わせでcx200で伸び不足を感じている場合は心強いセッティングになると思います♪

他ラケットと比較する

旧CX200

旧作のCXと比べると打球感のマイルド性とスピンアシスト性に関しては個人的には新作の方があるのではないかと感じています。

しかし、ボールの伸びやスピード感では旧作の方が感じ、安定感=ボールが伸びない=おさまりが効くという印象も持っています。

旧作のCX200のパワー感やするどいボールでのコントロール性を好んでいる方は試打ちをしてからの購入をお勧めします!

VORE98【2021】

Vコア98ですが、個人的に感じるのは打球感の食いつきからくる柔らかさはVコアの方が感じます。
またボールの伸びる感じも同じく同テンション程度のハイパーGよりも感じ、全体的にラケットとしての完成度は
VCORE98の方が優れているのではないかと個人的には感じています。

打球感としてはCX200の方がしっかり感を残しているので朴訥なCXの打球感と比べた時にどちらが好きかでラケットの選択が分かれてくると感じています。

ピュアドライブVS

ピュアドライブVSと比較したときにボールのスピード感や威力感では筆者的にはVSの方が感じます。
である一方で柔らかさの観点ではCX200の方が優秀。

VSでボールが暴れるとか安定感をだせていないのであればラケットのアシスト性という意味ではCX200は同一スペックのラケットでは安定感を出しやすいラケットだと判断しています。

CX200の処方箋

打球感はそこそこに柔らかさを持ちつつ安定感も出しやすいラケットではあると思いますが、個人的にはボールの伸びに少し不満というか難を感じてはいます。

なのでポリツアーファイアのような反発系ガットをローテンションで張ったり、打球感はやや硬いですがボールの伸びが出しやすいポリツアーストライクのようなガットを張ることでラケットのパワーをカスタムしてあげると足りない部分を補ってくれるのではないかと思います!

もし、同じように感じている方がいらっしゃればお試しください♪

価格帯を調べる

【2021/02/02】時点ではヤフーショッピングの25410円が最安値になっていそうです。
アマゾンでは今のところ取り扱いがないですね。

日々値段は変わるものなので気になる方は下のリンクからご確認ください♪

CX200【2021】

【各ショッピングモールで値段を比較する】

最後にここまで読んでくれてありがとよ!
Popular Posts!
スタテニは毎日読めるテニスのブログ♪

2015年から運営するも2017-2019はテニスからほとんど離れていました。
2020年テニス熱が戻ってきた筆者は毎日テニスしています♪

ブログも毎日更新を日課としているので是非、定期的にブログの方にお越しください♪

SNSも作ったからフォローよろしくな!
質問とかあったらガンガンしてくれ♪

Twitterでフォローしよう