【シグナムプロ:硬めのハイスピードポリ】サンダーストーム レビュー インプレ

今回は2016年10月10日に書いたサンダーストームをリメイクするぜ!【2020/08/04】

商品詳細

素材 ハイテクポリエステル【10角形ツイスト】
カラー バイオレット【紫】
ゲージ【太さ】 1.24mm/1.30mm
メーカー希望価格 2700円+税
メーカー独自評価
Beschleunigung【加速】 8/10
Kontrolle【コントロール】 9/10
Dämpfung & Komfort【クッション性】 6/10
Spannungsstabilität【テンション維持性】 7/10
Spin【スピン】 9/10
Haltbarkeit【耐久性】 7/10

10角系ストリングってもう丸に近いガットだな笑

インプレ

打球感

打球感は硬いポリエステルガットです。
私のスイングスピードではいくら頑張っても硬いままでした。【スイングスピードがプロレベルだとわかりません。】
反発性・伸び

反発性は低いタイプのガットでしょう。

伸びに関しては反発性から伸びを出すのは期待できません。自分のスイングでの伸びはガットが低反発なのでしっかりと出せると思います。自分からガンガン振っていく人は安心してスイングできそうですね♪

スピンアシスト性

スピンアシスト性は個人的に期待できるガットではありません。

そもそも遅いスイングスピードはホールド感はほとんど感じず、弾くのでスピンがかかりずらく感じます。
速いスイングでならかかりますが、それは他のガットも同じかなといった印象です。

まとめ

低反発でボールの伸びは出せて、スピンアシスト性は低い。
打球感は硬めのガットですね。

スピンアシスト性が高くないので自身のスイングを頑張ればボールスピードと伸びが素晴らしいボールがいく印象。
スピンをかける技術が備わっていたらしっかりとかかってくれます。
なので、テンションが一般的な設定であればかなり上級者向けのガットだと思います。

筆者は4年前にピュアドライブ2015【51ポンド】で使っており、その時はとても硬く感じました。
また、サービスは十分自分のパワーを伝えられる分とても速度のあるボールが打てました♪

他ガットと比べる

ポリ全体に言えること

どのガットと比べてもほとんどの場合言えることは
ポリ全体の中でハード気味のガットで、アシスト性能は低いガットです。

色々試した結果これが自分のプレーにあっていると感じている人が使っているガットといった印象です。

ガットとして角がたちすぎているから比べるのも難しいガットなんだな笑
どのガットと比較して同じ感想しか出てこない的なw

類似ガットとしては
ポリツアースピン
トルネード
RPMパワーなどがありますが、個人的には硬さでは一番なのではないかと思います。
弾き感はポリツアースピンとRPMパワーよりは良い印象があります。

サンダーストームの処方箋

硬くて低反発なガットなのでテンションを下げることで扱いやすくなると思います。

フレームによりますが、低反発系のラケットを使っている方は40ポンド中盤。
高反発系のラケットを使っているからは40ポンド後半くらいから試すとスムーズかと思います。

これは暖かい季節を想定しているので真冬だともう少し落としても良いと思います!

どんな人におすすめ??

このガットがぱちっとハマるのはおそらくガンガンラケット振るけどボールが入らないという学生かなと思います。
低反発な分思い切って振れるのが良いとずっと使っている若い子に何人か出会ったことがあります。
なので今試合中にアウトが多い方や、自分で厚いあたりとスピンはかけれるしもっともっとスイング早くしてボールにパワーをつたえたいというパワーお化けの方に良いと思います♪

終わりに

POINT!

・硬くて低反発、スピンアシスト性も少ないポリエステル。
・自分のスイングでボールを飛ばせる方じゃないと一般的なテンションでは厳しい。【ローテンションなら大丈夫】
・ガンガンスイングする人向けのガット

色はかっこいんですが個人的にはなかなかしんどいガットでした。
硬いガットが好きな方は試す価値があるガットだと思いますので是非♪

ここまで読んでくれてありがとよ!
Popular Posts!
スタテニは毎日読めるテニスのブログ♪

2015年から運営するも2017-2019はテニスからほとんど離れていました。
2020年テニス熱が戻ってきた筆者は毎日テニスしています♪

ブログも毎日更新を日課としているので是非、定期的にブログの方にお越しください♪

SNSも作ったからフォローよろしくな!
質問とかあったらガンガンしてくれ♪

Twitterでフォローしよう