【柔らかいスピンガット】トリトン シグナムプロ レビュー インプレ

2016年7月に投稿してたトリトン記事を最新式にバージョンアップしたぜ!

商品詳細

発売時期 2016年9月
素材 ポリエステル
構造 モノフィラメント
カラー レモンイエロー
定価 2600円+税
定価【ロール】 オープン価格
販売ゲージ 1.18mm/1.24mm/1.30mm

メーカー評価

Beschleunigung【加速】 7/10
Kontrolle【コントロール】 10/10
Dämpfung & Komfort【クッション性】 7/10
Spannungsstabilität【テンション維持性】 10/10
Spin【スピン】 9/10
Haltbarkeit【耐久性】 7/10

構造はモノフィラメント構造だけど表明に微細ラフ加工【小さなつぶつぶを表面に塗布しています】。
表面のつぶつぶがボールにひっかかりスピンがかけやすいという理論ですね。
実際に個人的にも柔らかくスピンアシストもある素晴らしいガットの一つだと思っています。

インプレ

いろんなラケットに使ってきたけど、最新はピュアドライブVSに48ポンドで使用しています!
打球感

打球感は柔らかくホールド感があるガットだと思います。
ポリ全体で考えると柔らかいの一択。よほど高いテンションで張らないと硬いと感じる方はいらっしゃらないかなと思います。
反発性・伸び

反発性はポリ全体で見たときに特別に強いタイプではありませんが、プレーをしていて困らないのに十分な反発力があると思っています。
ポリ全体で考えて普通〜強いのちょうど真ん中くらいをご想像いただければ問題ないと考えています!

ボールの伸びは特別に強くなく、どちらかというと柔らかさとホールド性、スピン性能に特化していて出ずらいガットだと思っています。
なので他伸びに特化しているガットと比べると弱く感じると思います。

スピンアシスト性

スピンアシスト性能は高いガットです。
ガット自体が柔らかくホールド感があるのでスイングスピードが早くない方でも扱いやすく、スピンアシスト性を感じやすいのも大きな魅力の一つだと思います!

扱いやすくスピンアシスト性のあるポリとして非常に気に入っているポリで当サイトでも度々登場するポリです!

まとめ

柔らかさとスピンアシスト性に特化したガットだと考えています。
耐久性やテンション維持性は柔らかいポリの中では比較的良いと思ってはいますが、ポリなので特別に良いとは考えていません。
ボールの伸びはプレーヤーのレベルしだいで当然しっかり出せると思いますが、他性能に比べると劣っているでしょう。
ガットの特性で伸びやボールの威力が出しやすいというものを優先的に求めている方には合わないガットですね。
逆に柔らかさやスピンアシスト性を求めているならばっちりなガットと言えるでしょう!

他ガットと比べる

エクスペリエンス

同じシグナムプロのガットなので比較されやすいポリガットですね。
個人的にこのガットの違いは
打球感においては
トリトンが柔らかく、
エクスペリエンスはパリッとしている。【硬いわけでなく打球感が軽い】
スピンアシスト性に関しては
トリトンはもちっとしてスピンをかけるがエクスペリエンスには及ばない
エクスペリエンスはガリッとボールを削る感覚でスピンがよくかかる。
かなと思います。
またボールスピードや反発力もエクスペリエンスの方が優秀と思います。

使い分けとしてはより優しく扱いやすいのはトリトンで
競技者でガンガンラケット振っていく人で恩恵が多いのがエクスペリエンスかなと考えています。

エクスペリエンスは競技者向けのガットなのか??

エクスペリエンスは打球感は軽いタイプのあっさりとしたガットです。
硬くはないのですが球弾きの感覚が強いので慣れない方もいると思います。
スイングスピードが一定レベルを越えるとボールがひっかかり強烈なスピンアシストを感じることができるので
一定以上のスイングレベルを超えていると恩恵が多いガットだと考えています。

ただ、ガット自体は硬くなく人を選ぶガットとは言えず扱いやすいガットとも取れます。
トリトンと比べると競技者向けのガットなのでこういう言い方になりました。

ハイパーG

ハイパーGとトリトンの違いは必要なスイングスピードとなるでしょう。
というのはスピンアシストの恩恵を受けるのにハイパーGはそれなりにラケットワークができていないといけないかなと思っています【もちろんテンションを低く設定したり、目が粗いラケットだったりで変わってきます】。

強打をしたときにどちらが恩恵を受けやすい考えるとハイパーGの方だと思います。
そこまでバンバン打たないよという人はトリトンの方が良いでしょう!

レーザーコード

昔の人間が柔らかいポリとなったらレーザーコードは外せないガットになってくると思います。
レーザーコードは個人的にも気に入っているガットで非常に柔らかいポリです。

トリトンと比べると
ボールの引っ掛かり【スピンアシスト性】はトリトンの方があると考えています。
ですが、ボールのノリ感やスピード感はレーザーコードの方が良いと思います。
レーザーコード自体はボールスピードに特化しているわけではなく、基本的にはトリトンと同じ柔らかいガットですが、
比べるとスライスのノリ感やボールスピードは出やすいと感じます。

同じタイプですが好みによって選ぶのが別れてきそうですね!

トリトンの処方箋

トリトンで不満があるとすれば、ボールスピードが出ずらいことでしょうか。
これはテンションを上げることで解決できますが、当然にトリトンの良さである柔らかさも失われます。

できればインパクトの厚みで調節して欲しいところですね。

ラケット診断

トリトンの良さが際立つラケットはプレステージや、ピュアドライブVSなどのちょっとシビアなラケットですね。ファントムグラファイト100などにも合いそうですね。
ちょっと低反発でしんどいというラケットをお使いの方で今のポリより楽したいなということであれば選択肢の一つになってくると思います。

ピュアドライブなどの反発系ラケットでも良いと思いますが、その場合はテンション設定を少し高めにすると回転過多になることを未然に防ぐことができるかもしれません。

柔らかなガットですのでテンション設定は少し高めでも問題ないと思います!

どんな人にオススメ??

ポリ入門者でそんなにバンバン振らないけどスピンアシストが欲しいという方にオススメできるガットですね。
もちろん自分でスピンをしっかりかける技術がある方でも早くないスイングでアシストを感じたいという場合も○。
ボールの伸びは少し出ずらいですが、そんなシビアなボールが求められない楽しいテニスなら問題ないと思います。

もちろんバンバンスイングして高速ボールを打つ人でもガットで安定感を出したいという場合は○です。
いろんな条件があると思いますがぱっと思いつくのはこのくらいです!

終わりに

  • 打球感は柔らかくボールをしっかり持ってくれる
  • 早くないスイングでも比較的スピンアシスト性を感じさせてくれる
  • ボールの伸びは出しずらい
  • ポリ入門に○

いかがでしたでしょうか。
4年前にインプレしたトリトンをフルリメイクしてみました!
これからいろいろなラケットにトリトンを張ってラボしていきますのでお楽しみに!

昔の記事もとっととリメイクしていけよ!
スタテニは毎日読めるテニスのブログ♪

2015年から運営するも2017-2019はテニスからほとんど離れていました。
2020年テニス熱が戻ってきた筆者は毎日テニスしています♪

ブログも毎日更新を日課としているので是非、定期的にブログの方にお越しください♪

SNSも作ったからフォローよろしくな!
質問とかあったらガンガンしてくれ♪

Twitterでフォローしよう