【テニスのグリップの選び方】 特徴とおすすめを紹介

この記事では筆者が今までに使ってきたグリップの特徴について書きたいと思います。
グリップごとに特徴があるので今特にこだわりなくグリップを選んでいる方には参考になると思います!

ウェットグリップ

ボーブランド

使っている方も多いと思いますが、BOWBRANDのグリップテープは他のグリップと比べると厚みを感じやすいです。加えてモチモチとした握りごごちで柔らかくホールド感のあるグリップと言えるでしょう。

 

プロオーバーグリップ

WILSONが販売しているグリップテープです。
ボーブランドよりも薄く多少もちっとした握り心地で厚みをもたさずにホールド感をもたしたい時におすすめしやすいグリップです

スリクソン オーバーグリップ

ボーブランドやプロオーバーグリップに比べると薄い感覚を覚えています。

ですが、もちっとした感覚はしっかるあるグリップテープです。
今のグリップの太さの感覚を変えずにもちっとしたグリップに仕上げたい場合はおすすめできるグリップです。

ヨネックス ウェットスーパーグリップ

ヨネックスのグリップテープは薄めであっさりとした握り心地が特徴的です。
なので、そんなもちもちしてなくていいよ。とか集めのグリップテープはあんまり好きじゃないなという方におすすめしやすいです。癖のないスタンダードモデルなグリップです。

バボラ プロツアーグリップ

感覚的にはヨネックスに近い感覚のグリップテープですが個人的にはヨネックスよりももちっとしていると思います。
スリクソンのホールド性が少なくなったタイプのグリップテープだとお考えになられるとスムーズです。

なもなきグリップ

実は筆者はこのグリップテープを普段使いに選んでいます。
理由は安くてもちもち感が強いからです。普通のグリップの半額くらいで質としては十分なのでこれを使っています。グリップのタイプとしてはスリクソンくらいの厚みで巻いていて邪魔にならないので個人的には気に入って使っています。

ウェットタイプのまとめ

筆者がインプレを覚えているグリップはこのくらいです。
まだまだ種類はたくさんあって他にも使ったことがあるのはいっぱいあるのですが他のグリップは最近使ってなくてあまり覚えていません笑。

結局どのグリップがおすすめなんや

一般的に人気があるのはボーブランドやプロオーバーが人気があると思います。

筆者の周りでも人気があるグリップです。
逆にヨネックスやバボラのグリップはヨネックスのラケットやバボラのラケットを使っていて揃えたいという方が多く使っている印象です。

もっちりかん優先→ボーブランド
もっちり薄め→プロオーバー
薄いけどしっかりもっちり→スリクソン
この辺りが個人的にはおすすめです。

筆者は激安グリップでいいタイプですが、この中で何か選ぶならスリクソンのグリップを選びます。

ドライグリップ

筆者はドライグリップがあまり好きではないので使ったことは数回程度です。

ドライグリップは手汗を多く書く人向けのグリップで滑りにくいのが特徴。
もっちりとした手触りではなく、パサパサとした握りごごちのグリップです。

ウェットタイプのグリップでは手が滑るという方は試してみる価値があると思います!

TOURNA GRIP

ドライグリップとしてはかなり古参なメーカーで品質に定評があります。
王道グリップなのでドライタイプを使いたい方は一度は試す価値ありです。

ウィニングショット ドライグリップ

日本の比較的新しいメーカーで筆者の周りでも使用者が伸びているグリップです。
使ったことはないのですが、TOURNAのドライグリップから乗り換えている人も多いので商品としてレベルは高いようです。

番外編 グリップは白とその他で握りごごちが変わる

最後に小ネタですが、グリップテープは白色とその他のカラーでは握りごごちが異なります。

白が原色とすれば他は色を上から着色されているので少しあっさりとした握りごごちとなっています。
特にウェットタイプのもっちりとした感覚が好きな方は色のついたグリップを使うとウェット感を損なっているので汚れが目立ちますが白色のグリップの方がもっちりとした打球感で使用することができます!

白色がいちばんもっちりしてんのか。
知らんかったぜ

ウェット感に関しては白が一番ですね。
汚れが目立つのが難点ですが。。。なので私はメインのラケットには名もなき激安グリップの白色を選んで使い回しています。
プロフィール
userimg
STAR TENNIS@テニス研究所
・テニス歴25年程度
・インターハイ常連高と名門大学出身【大学は途中で退部】
・テニスショップとテニスコーチの経験あり

STAR TENNIS@テニス研究所はSNSは主にツイッターを使ってテニス関係の情報をUPしています。

記事が役に立ったと思われた方は是非フォローお願いします。

インスタでは思いっきりプライベートなことを扱っているのですがインスタも是非♫

Twitterでフォローしよう