【テニス:プロから学ぶ】 プロの試合はどこを見ると上手くなる??

かなり長文になる予定で、現在【4/16】編集中です。

今回はプロの試合のどこを見れば自分のプレーの向上に繋がるのか。
筆者独自の目線で書いていきたいと思います。

実は重要ではないポイント

プロの試合を見る上で皆さん一番見るところはボールだと思います。
しかし、筆者はそこまで飛んでいるボールを重要視していません。

それは我々のあるあるですが、飛んでいくボール【結果】だけを見て私も、僕もこんなボールを打ちたいと思ってしまって、無駄に力んだりパワーボールをとフォームを崩してしまうからです。

つまり、大事なポイントは飛んでいくボール【結果】ではなく、それにいたるフットワークであったり、グリップテープの握り下半身の使い方上半身の使い方ヒッティングのポイントなどの【過程】だと考えています。

見るべきポイント

①サービス

握り

まずはサービスの握り方ですね。
現代テニスではサービスの握り方はコンチネンタルとイースタンの間くらいと考えられています。【どちらかといえばコンチネンタルより】
なかなかに多い人数の方がサービスのグリップの握りが暑くなっているのではないかと思います。

グリップの握りが薄い、厚いで言えばコンチネンタルやイースタンは握りとしては薄いです。
ではストローク時によく使われているウェスタングリップでサービスは握らないのかというと、
手首の可動域の広さの違いになります。
ご自分でラケットを持って厚いグリップと薄いグリップの違いを確かめてみてください。

つまり薄いグリップの方が手首の可動域が広がり、プロネーションの動作がスムーズになり、ヘッドも加速しやすくなるのでスイングスピードがあがり、回転もかかりやすくなるのでプロは薄いグリップが多いということになります。

コンチネンタルグリップについては下の動画で解説してくれているぜ!

まずはプロのサービスの握りがどうなっているのかを気にして見てみてください!

プロネーション

プロネーションとは腕の内回の動きのことなんですが、なんのこっちゃと思われると思います。
プロは必ずやっている技術ですが、スイングが早すぎて試合の中ではわからないです。

技術的には必須ですのでこの記事でも紹介していきたいと思います。

この動画でわかりやすくプロネーションについて解説してくれてるぜ!

フェデラーのスローモーションサービスでプロネーションを確認しましょう!

コンチネンタルグリップによる薄いグリップの握りによって手首の可動域が広がりプロネーションがしやすくなります。

プロは同じ握りとフォームで当てるポイント【プロネーションの動きの中】を変えることでスライスサービス、フラットサービス、スピンサービスを打ち分けています。

なのでコンチネンタルグリップにして、プロネーションをきっちりと習得することができればトスの位置を同じところにすることでコースを読まれずらくなっていいことづくめです!

体重移動

サービスの体重移動はシンプルに一度軸足である後ろ足に体重を乗せてから前足に体重移動することです。
これは絶対必須というとそうでないかもしれませんが、ほとんどの選手が後→前えと体重移動をしています。

フェデラーは前移動がイメージが少なかったり、
錦織は構えから前体重気味だったりいろいろですが、原則後ろから前体重を心がけるべきだと思っています。

ジョコビッチは前足のつま先がしっかり浮いていて軸足にしっかり体重移動していることがみてとれるぜ!

ジョコビッチのサービスは個人的に体がそれすぎていてバランスがわるいかなーって思ったりしています。
世界のトッププレイヤーに意見することはおこがましいのですが、各選手もう少しこうしたらいいのかなーって探すのも自分のプレーの向上につながります!

錦織は後ろ体重の時間が短くて前足体重の時間が長いのがわかるぜ!

打った後のポジショニング

打ったとのポジショニングは非常に大事です。
サービスを打った後前体重に一歩踏み込みますが、プロは打った後戻るのが非常に早いです。

これはサービスにこの一歩後ろに動く動作がセットになっているからです。
みなさんも普段からこの動きができるように意識しておきましょう!

②ストローク

打つ直前の足運び

動きながら打つ時に大切なステップは3つあります。
①モーグルステップ
②パワーステップ
③フロントホップステップ
の3

3点を意識的にテニスの中に取り込めれば格段に試合で安定感を作り出すことができます。

1モーグルステップ

英語だから話してる内容はわからないと思いますが、体をどういうふうに使っているかしっかりみてくれよな!

言葉で解説するよりも動画の方がわかりやすと思いますが、一応解説も入れておきます。
モーグルステップで大事になるところは①軸足の溜め【膝を曲げて腰を落とすイメージ】と②ボールとの距離と③軸をぶらさないところです。
①体が伸びきった状態では腕だけでボールを飛ばすことになるのでボールにパワーを上手に伝えることができません
②ボールとの距離が遠すぎても近すぎても効率良くボールにパワーを伝えられません。遠いよりは近い方が良いので思い切って近づいて近すると感じたら距離をあけましょう。【私のレッスンでは近すぎますが、ボールの後ろに軸足がくるよううに指導しています】
③軸がまっすぐでないと安定感が出ません。【上半身が前にぶれていたり、おしりが後ろにいっていたりなどです。】

順番としては
①軸足を決める【この時にテイクバックと体のひねりなど打つ前の動作は完了しています】
②ラケットをスイングする
③左足が右足に近づく【もしくは空中でサイドステップをするイメージ】
この順番で行うとスムーズです。

モーグルステップを習得すると打った後の戻りの早さが段違いになるぜ!
また、遠いところはスライスで逃げたくなるがモーグルステップを使って打てば攻守のバランスがとれてテニスも段違いに強くなるから頑張れよ!
2パワーステップ

パワーステップはいい動画がなくて言葉による解説になります。
準備まではスモールステップと同じで軸足にしっかり体重を乗せて、軸足の反対側を斜め前に踏み込ませながら打つショットです。
イメージとしては相手がサーバーでワイドにスライスサービスが来た時にリターンエースを狙って攻める時に使います。インパクト後は斜め前に軸足をだしてキックバックしてサイドバックして戻ります。

上の動画最初のフェデラーの動画がパワーステップだぜ!
攻撃的なショットやカウンターをする時に使おう!
3フロントホップステップ

フロントホップステップは左足で飛んで左足で着地するショットです。
コツとしては右足をうしろに残すこととと体の回転を使いすぎると安定感にかけるのでできるだけコンパクトに体の動きをすることだと個人的に考えています。基本的に腕ぶりは否定しているのですがこのショットは前に体重移動をしながらのショットでパワーは十分に伝わるので腕ベースでいいのかなと。
あとは顔をインパクトのポイントに残すことで体の軸のブレや無駄な動きが減ります。

フロントホップステップは甘いボールが自分のところまで待っていると相手が態勢を整える時間を与えちまう。
コート内に入って攻撃的なショットを打つ時や、アプローチショットで良く使うぜ!

その他のステップ

その他のステップですが
スプリットステップ
サイドステップ
キャリオカステップなどです。

基本的なステップですが、ボールに追いつく時、ボールを打った後、どのようにこれらのステップを組み合わせて使っているかを試合の中で見始めると試合をもっともっと楽しめると思います!

【記事の大まかな編集が終わり次第これらのステップも細かく伝えていこうと思います。】

打点

プロがどこのポイントでボールにインパクトをしているのか注目してみましょう。
グリップが厚いか薄いかでとるポイントが変わってきますので、自分に近い選手の打点を参考にしましょう。

薄いグリップほど振り遅れると苦しくなり、厚いグリップだと多少打点が遅れても取り回しが聞いています!

明日この動画の解説や見るべきポイントについて書くつもりだぜ。
ナダルとフェデラーの打点の違いを確認してみてくれ!

いろいろなボールに対していろいろなスイング

試合をしているとたくさんの種類のボールを打ちます。
例えばコート前方で打つアプローチショットやアングルに角度のついたボールを打ちたい時、相手のボールが深くてライジングで処理せざるおえない状況下などはスピンを多くかける必要があります。ということは普段のスイングと比べてワイパースイング気味にプロはショットしています。

また、左右に振られてどうしようもない時はスライスで相手のコートに返したり、時間を作りたい時のスライスやスピン多めのムーンボールなどその時その時に必要なボールを反射的に判断して体を使っています。

プロの試合はレベルが高すぎますがこれ以上ないくらい素晴らしいお手本なので参考にしないわけには行きませんよね。

自分だったらどうする?プロだったらどうしている?など考えながらみてみましょう!

プレー全体

どうやってポイントを取ろうとしているのか

選手ごとに得意なショットは異なります。
特にフォアハンドが強い、フェデラーやデルボトロ。
特にバックハンドが強い、錦織、ワウリンカ。

対戦相手によってもどういう得点の仕方をするなどは変わってきます。
選手がどういう意図でそのボールを打っているのかを考えるといいですよ!

選手のポジショニング

選手によってポジショニングも様々です。
例えばフェデラーですが、頑なに後ろに下がりません笑
錦織も基本的にベースライン付近で戦いますがポイントによってはかなり後ろまで下がります。

また、縦ではなく左右でもポイントによって選手は予測や経験則であえてそのポジションでステイしていることもあります。

例えば、スライスでクロスにボールを打つと高確率でクロスに返球されますから、センターより一歩左くらいで待っているといった具合です。

なので試合を見ながら、あ、ここはバックに来ると予測しているんだなと予想しましょう!

終わりに

いかがでしたでしょうか。
とりあえず今のところ私がプロの試合を見ている時に見ているポイントは以上になります。

どうしてもボールばかりに目がいってしまっていて、試合を楽しむという意味ではそれでももちろんいいわけなんですが。。

プレーの向上も考えられている方はボールだけではなく、見えずらいプロの研ぎ澄まされたフットワークや戦略も一緒に楽しみましょう。

コロナで暇ですしね笑

Popular Posts!
スタテニは毎日読めるテニスのブログ♪

2015年から運営するも2017-2019はテニスからほとんど離れていました。
2020年テニス熱が戻ってきた筆者は毎日テニスしています♪

ブログも毎日更新を日課としているので是非、定期的にブログの方にお越しください♪

SNSも作ったからフォローよろしくな!
質問とかあったらガンガンしてくれ♪

Twitterでフォローしよう