【動画付き】西岡良仁選手のフォアハンド解説について考えてみる

今回は西岡選手の動画をお借りしつつ、私の考えをお伝えしていこうと思います。

フォアハンドのグリップの握り方

まずはグリップの握り方から始まります。

動画の解説ではセミウェスタンと言っていますが、おそらく実際の西岡選手のグリップはウェスタンよりも厚いですね。

フルウエスタン【錦織選手】よりは薄く思いましたが、厚めのウエスタングリップです。

西岡選手にしろ、錦織選手にしろグリップは厚めなのにはちゃんとした理由があって、プロの試合になるとボールが高く跳ね上がります。それこそ身長を超えるようなボールを打たされることが多くなるのですが、厚いグリップは高いボールを叩きやすいグリップです。

プロの競争を勝ち残るために厚いグリップは必要だったのでしょう。

厚いグリップにもデメリットはあるぜ。
まずはボールに効率よくパワーを伝えやすいのは薄めのグリップであること。
低いスライスボールを打つ時にはしっかりと腰を落とさないとパワーが伝わらなくなること。

錦織選手も対策されるようになってからはフォアハンド側に低いスライスを多用されるようになったんだぜ

グリップによる特徴はこの動画がわかりやすかったです。
後ほどSTAR TENNIS 筆者なりの考え方も解説したいと思います。

フォアハンドの打ち方

西岡選手のフォアハンドにおいて大事なポイントはテイクバックではなくてどこであてるからしいです。
つまりはインパクトの位置ですね。
おっしゃる通りインパクトのポイントは最重要ですね。
そこさえうまくいっていれば飛んでいくボールは安定しますし、実戦向きな考え方です。

体のちょっと前で打つこと。
スピンをかけたいから当たってから上に振り抜くことが大事なポイントって言ってるな。
あとは、下半身と腰の回転もポイントだと言ってるぜ。

ボールをコートに納めるために我々はスイングスピードを緩めたり小手先でコントロールしようとしてしまいがちですが、プロの世界では振り抜きのは当たり前なんですね。

振り抜いた上で回転数でねじ込む。
とても大事なことを言ってくださっております。

西岡選手の実際のフォアハンド

お待たせしました。
西岡選手の実際のフォアハンドですがやはりすごい落ち方をしていますね。

ここでは西岡選手がこのボールを打てているポイントについて筆者なりに解説したいと思います。

フットワーク

軸足のセット

まずフットワークで大切なポイントとして動画を見ていただければわかりますが、
軸足【左足】をしっかりと決めてからうちに行っています。

フォアハンドではできている方が多いと思いますが、バックハンドでは軸足と逆足から入ってしまう人が私のコーチ経験上多いです。軸足じゃない方から入ってしまうと体重移動がなくスイングも小さくなってしまうのでまず、軸足をしっかり決めてから行うようにしましょう。

スプリットステップ

最初に書くべきでしたが、先に軸足に入ってしまいました。
毎回必ずスプリットステップをしています。
スプリットステップとは両足で軽くジャンプしている動きのことです。

実際の試合などでは両足で飛んで片足着地すること多々ありますが、スプリットステップを踏むことで次の動きが早くスムーズになるのでしっかり西岡選手の動きを見ておきましょう!

下半身と腰の回転

西岡選手はグリップが厚いこともあって体の回転を大きく使ってボールを打っています。
あとは軸足がしっかりと地面を蹴っているポイントも重要です。

実戦する時のポイントですが、地面を蹴る時は上下運動するのですが、あまり飛び跳ねるのではなく曲げた膝を元に戻すイメージですること。

体の回転は腰をしっかりいれた状態を作って打つ時に後ろの腰を前の腰のいちまで戻したり、
お尻で考えてもいいです。お尻を意識する時は体が横に向いているお尻を打つ時に正面にグンと向けるイメージですね。

スイング

西岡選手はスイングにおいてはインパクトを同じ位置にすること。
振り抜くことが大事なポイントであるとおっしゃっていました。

これは言うまでもなく正しいのですが、筆者的には西岡選手が当たり前にできすぎていて抜け落ちているポイントがあると思うのでそれについて書きたいと思います。

天才は自然とできちまうんだよな

西岡選手のテイクバックを見てみるとテイクバック時、ラケットは横を向けています。
その後どうなるかというと次の画像を見てください

後ろに向けているという表現は正しくないかもしれませんがこの時点ではラケットが後ろを向いています。

何がいいたいんだ??

なかなか言葉では伝えずらいのですが筆者のレッスン生にはラケットワーク【多分造語】という言い方で教えています。

スイングを早くするためのラケットの動きのことで、西岡選手もインパクトの位置の正確性と振り抜きが大事と動画で言っていますがそれを行うための技術の話です。

他の選手も交えながら説明していきたと思います。

フェデラーやジョコビッチも同じですが、ラケットヘッド立っているか、横を向いています。
この動きが何かと言うとラケットを加速するための動きなのですが、スローモーションだからこうやってみれますが実際は早すぎて見えません。笑
具体的にはラケットヘッドが横や前に向いている状態でスイングをすると手首が返ります。
この手首の返りがプロの高速スイングの秘密です。

テニスフォーラムの竹内さんがボール速度を高めるコツという動画で私の言っていることを動画の中で解説してくれています。10分ほどの動画なのでぜひ見てみてください。

手首や肘の動きは最小限にしたい

動画中 竹内さんが肘を使って打たないようにといっています。
筆者もこれには大賛成で勢いはつくのですが安定感に欠けます【プロによってはもちろん肘の動きを使っているのでご自分の判断でOKです。】

なので筆者も生徒には手や肘の位置をできるだけ動かさずラケットを最大限大きく使いなさいと教えています。
感覚的な話なので生徒がコツをつかむまではけっこう時間がかかります。笑

ジャックソックのフォアハンドを研究した動画あるので見てください。

赤色がラケットの動き
青色が手の動き
緑色が肘の動きとなっています。

ラケットの動きが大きく他の動きが小さいことがわかると思います。

他プロもほとんど同じ傾向になるのでスローモーション動画でご確認ください。

スイングのまとめ

スイングの話が非常に長くなってしまいましたが、西岡選手が言っていたインパクトと振り抜くこと以外考えないというのは結果としては正しいと思います。
スイングスピードを加速する動きというのは早すぎてみることはできず選手がどうこうしようとするものではないからです。

ただ、あの人うまいなと思われるポイントとしてこのフォワードスイングまでの動きができているのかないのかは大きなターニングポイントであると思います。

西岡選手などはまわりにうまい人がたくさんいてそれをみて真似をしてきたでしょうし、おそらく天才なので自然とクリアしていたのだと思います。

手首の返しを意識してスイングするようになると準備の早さの大切さを改めて感じることになるぜ!

早く準備して手首の返しを利用して打つタイミングを身につけよう!

まとめ

西岡選手の動画は最高のお手本ですね。
ストレートとクロスの時の打ち方の違いなども注意深く見てみると新しい気づきが生まれると思います。

ただ、プロはできていて当たり前と見落としている点もしっかりと習得しないと趣味や今からプロを目指すようなジュニアはなにかうまいこといかないなと思うかもしれません。

皆さんもプロが大事と言っているところだけでなく、何気なくやっている部分の細部までこだわってみるといいかもしれませんよ♪

プロフィール
userimg
STAR TENNIS@テニス研究所
・テニス歴25年程度
・インターハイ常連高と名門大学出身【大学は途中で退部】
・テニスショップとテニスコーチの経験あり

STAR TENNIS@テニス研究所はSNSは主にツイッターを使ってテニス関係の情報をUPしています。

記事が役に立ったと思われた方は是非フォローお願いします。

インスタでは思いっきりプライベートなことを扱っているのですがインスタも是非♫

Twitterでフォローしよう