【BLX STEAM 95】 インプレ レビュー

テクノロジー

DOUBLE HOLE

Wilson Double Hole grommets are larger than traditional grommets, allowing for 26 degrees of string movement (vs. 22 degrees for standard grommets). Extra movement in the grommet hole allows for a greater “trampoline effect” and added power, and also provides greater ball pocketing on impact, meaning increased shock absorption and comfort.

ラケットが古すぎて情報がなかったのですが、海外サイトにはありました!
簡単に説明すると、昔のグロメットよりもガットの可動域が広がり、トランポリンと同じ原理がグロメットホールに起こります。それによりパワーと衝撃吸収性と快適性が追加されたとされています。

ようは、ボールが人間でガットがトランポリンの関係ってことだ。
ガットが大きく動くことで手への衝撃を吸収してくれて、ボールのパワーをトランポリン効果で利用して返球することでパワーアップ的な感じだ!

スペック

フェイスサイズ 95インチ
重さ 289g
バランス 340mm
長さ 27.25インチ
素材 バサルトファイバー+カロファイトブラック+グラファイト
ストリングパターン 16×20
リプレースメントグリップ PERFORMANCE HYBRID
フレーム厚 22-22-22mm
適正テンション 50-60ポンド
テクノロジー ダブルホール
生産国 中国
定価 32000円+税
品番 G2:WRT7136202
G3:WRT7136203

インプレ

使用環境
柔らか反発系ポリを48ポンドで張り上げて使用しています!
打球感

テンションが低すぎたからかもしれませんが、ちょっと打球感はぼやけていました。
不快なわけではないのですがボヤっとした感じで気持ちよくはなかったですね。
打球感に硬さはなくむしろかなり柔らかさを感じました。
近いうちにもう少し高いテンションに張り替えて使用してみたいと思います!
反発性・伸び

反発性と伸びどちらもかなり感じることができました。
ミートしたときのボールの威力はとんでもないです。ただ、ちょっとコントロールが難しい気もします。

スピンアシスト性

スピンもかなりかかる感覚です。
スピンの種類としては高い弾道気味飛んでいく傾向がありました。
ダブルスの試合で使ったのですが、相手のポーチ時にとっさに高い弾道を打つ時にとても良い感じにラケットが持って行ってくれる感覚があって好感を持てました!
まとめ

なんかめっちゃ高評価じゃね??

そうなんですよ。
自分でも驚いています。
柔らかくて、スピンもかかるし、ボレーも試合中めちゃ使いやすかった。
サービスもすごく速いボールが打てました。あえてここはいちまいちなところを上げるとすればラケットを振り出すまでが感覚的に少し重いところです。かなりトップヘビーなラケットなので振り出すと振り抜きやすいのですが、合わせるだけのショットだと重さを感じますね。
私の準備の遅さもあるのですが間に合わずのミスがちょくちょくと。なので操作性だけはそこまでといった感じです。
あとはちょっと飛びすぎでアウトが増えました!

べた褒めだな!

ちゃんと使っておけばよかったです笑
普段使いにするのもありかなと思っているので、今回はテンション低すぎた疑惑があるので近いうちに高いテンションで張りなおして再度レビューしたいと思います!

チャートで見る!

反発力
スピン
伸び・威力
柔らかさ
コントロール
振り抜き

BLX STEAM 95の処方箋

一番気になるのはおそらくトップヘビーが故の振り抜きの違和感になると思います。
筆者は普段鉛テープでトップヘビーに自分のラケットをカスタムしているのですが、
ラケットの重量が289gと軽いのでグリップ部分に鉛を入れて調節しても良いのではないかと。

筆者は気になるのでテンション高くして使ったのち、さらにトップヘビーにして使ってみたいと思います!

どんな人におすすめ??

トップヘビーなので一般的にはボレーがしにくいラケットとされていますが、ボレーの乗り感が半端なくて個人的にはボレー中心でプレーされる方に使ってほしいですね!
筆者バックボレー回転量が多めなのですが、しっかりのってくれるのでとても頼もしくプレーさせてもらえます。
なので回転量多めのボレーをするタイプの方は助かるラケットになるのではと思っています。

ストロークもサービスもパワー十分なショットが打てたので伸びが欲しい方にも良いですね!

終わりに

スティームは結構気に入ってるみたいだな!

すでに53ポンドで張り替えて使用する準備を整えています笑

2013年あたりはテニスをあまりしていなかったので完全に抜け落ちていましたね。
近日中に追記しますのでお楽しみに!
また、押し入れに眠っている方は是非もう一度使ってみましょうね!

ここまで読んでくれてありがとよ!

7/2追記

前回は柔らかい反発系ポリ【ブルー】を48ポンドで張り上げて飛びすぎた感があったので、
今回はパリッと系で硬くはないポリ【ブラック】を53ポンドで使用してみました!

どうだった?

まず前回のぼやけた打球感は完全に消えました。あれはテンションが低い設定だったのとガットの相性が悪いのが原因だったみたいです。
柔らかさは当然治ったのですが、フレームの持つ柔らかさが53ポンド使用時でもしっかりと感じ取れたので改めて確認できてよかったです。

サービスの収まり、ストロークの収まり、ボレーの収まり全てがよくなりました。
ただ、飛びが収まるようになった分思い切ってスイングできるようになったので、長時間使うと腕がしんどくなりますね。289gと言えどトップヘビーなので振りだすまではちょっとしんどいなと私は感じました。
若い世代や筋肉もりもりマンなら問題なく使えるとは思いますよ♪

じゃあ不安があるとしたらトップヘビーすぎてちょっと振るのしんどくなるってことぐらいか??

そうですね。
振るのがしんどくなる可能性は十分にあること。
あとはあたりが分厚すぎるプレーヤーはアウトが心配ですね笑
Popular Posts!
この記事が気に入ったらフォローしよう!

この記事を気に入っていただけましたでしょうか!
新しくSNSアカウントを作りましたのでこれからはツイッターやインスタグラム、フェイスブックにも書き込んでいきます。
良ければフォローをお願いします♪

毎日テニスの記事UPしてるからまた明日も来てくれよな!

Twitterでフォローしよう