【ウィルソン K FACTOR SIX ONE 95】ハードヒッター向けパワーテニスラケット インプレ レビュー

スペック

品番 T4476
素材 カロファイト・ブラック+ケブラー
重さ 310g
バランス 315mm
グリップ 2・3・4
長さ 27インチ
フェイス面積 95インチ
フレーム厚 22mmフラット
ストリングパターン 16×18
適正テンション 50〜60ポンド
生産国 中国
定価 33000円+税
発売時期 2007年

メーカー説明

ベスト・セラー SIX.ONE シリーズの最新プロ・モデル。「[K]ファクター」により、さらにコントロール性を向上。また、スイート・スポット周辺にダブル・ホールを配し、広範囲でホールド感を実現。

Kファクターシリーズのテクノロジー

【K】AROPHITE BLACK

nCodeテクノロジーの進化バージョン。次世代のナノテクノロジーの採用により面剛性がさらに高まりインパクト時の面ブレ、ねじれによるパワーロスを極限まで軽減させることが可能になりました。

【K】ONNECTOR

フェースの3時と9時の部分に設けたウィングが、インパクト時のボールのホールド性を高め、優れたコントロール性能を実現させます。ストリングの可動範囲も広がり、スイートスポットの拡大やミスショットを軽減し、快適な打球感を得ることができます。

【K】ONTOUR YOKE

フレーム断面を曲線状にすることで、インパクト時の衝撃を和らげ、ねじれを軽減させます、それにより、面の安定性が向上し、自分の意思通りにショットをコントロールしやすくなります。

【K】OMPACT CENTER

フェデラーのアドバイスをもとに、センターヨーク部内側の径を従来よりもコンパクトにし、グリップ上端からセンターヨークまでの距離を長めに設計。そのことによりラケットの操作性と面安定性が高められ、コントロール性能のさらなる向上につながります。

これはKFACTORシリーズのテクノロジーです。

今回使用したK SIX ONE 95に採用されているテクノロジーは
【K】AROPHITE
【K】OMPACT CENTER
DOUBLE HOLE
です。

ダブルホールはグロメットテクノロジーでガットの可動域を広げる効果があるぜ!

インプレ

使用環境は晴れの日にパリッと系ポリ【ブラック】50ポンドで使用しています。
打球感

打球感は決して硬いモデルではないと思います。硬くはないけどフレームの柔らかさもないと思います。22mmのフレーム厚であることを考えると現在【2020】はもっと柔らかいフレームのラケットが存在していると思います。

スイートでしっかりと詰まった気持ち良い打球感で打ち心地は古い人間である私からすると心地よいの一言です

反発性・伸び

反発性伸びに関してはスイートで打っている間は打った分正確にボールを飛ばしてくれる印象です
飛ばしたい分と威力を出したい分のバランスで言えば最高だと思います。
個人的にはボールの伸びにはラケットのテクノロジーのアシストも若干追加されているのではないかと思います。
ものすごく伸びのあるボールが打てるラケットでした。一方でオフセンターで打った時は飛びは極端に悪くなります。
ただシングルスの試合で使用していてオフセンターで打ってしまった時は飛びの悪さが合間ってコートに収まるのである意味で便利なラケットに化けてくれました。
低反発+ラケット先端部分の目の荒さでスピンがかかっている印象です。
スピンアシスト性

スイートスポットで打っている時はボールの伸びが先行してスピンアシスト性の方は影を潜めていました。
もちろんしっかりとしたインパクトとスイングができている時は思いヘビースピンが飛んでくれていますが、
あくまで伸びが重視という考えです。オフセンターでしっかりと振り切った時に反発性に低さとスピン性能でコートで収まる印象です。
なお、スイングスピードが足りないとただただ、飛ばないだけでした。
まとめ

スイートスポットでとるか取らないかで飛ぶボールが大きく変わるラケットです。
スイートで取れれば非常に重厚な威力のあるボールを自分のスイング次第で打てコントロールも良いです。一方でオフセンターでとった時にしっかりとスイングの力をボールに伝えることができていたのならば低反発とスピンアシストの影響でコートに収まる印象がありますが、パワーが伝えられなかったら飛びません。
それなりのレベルで振り切ることが前提のラケットだと感じました。

各ショットで見る!

サーブ・スマッシュ

このラケットで最も魅力を感じたのはサーブでした。
自分から始める優位性をフルに活かせるラケットです。回転系のショットも十分に変化を感じられますが、やはりメインはフラット系ショットですね。
回転を少しかけたフラットベースのサービスを打てば有利にゲームを進められると思います。

ストローク

ストロークも止まって打っている間は最高ですね。
私にフットワークがしっかりあって動ければ全て最高になると思いますが、動けない人はシングルだと結構しんどいと思います。
テンションを落としたり反発性のあるポリやナイロンに変えることで調整すれば扱いやすくはなると思いますが、動ける人向けのラケットであるのは間違い無いと思います。
またプレー中に感じたのは合わせるだけの細かいコントロールの場面で苦しんだイメージがあります。私のテクニック不足も大いにあるのですが、細かいプレーはしにくいのかもしれません。【自分の技術棚上げですみません笑】

ボレー

ボレーは合わせるだけだと浅いボレーになりがちになると思います。
しっかりと下半身の力や押し込むイメージを持てば上手くいくと思います。アウトよりもネットを心配する方が多いラケットだと思います。

チャートで見る!

反発力
スピン
伸び・威力
柔らかさ
コントロール
振り抜き

K FACTOR SIX ONE 95の処方箋

オフセンター時のボールが飛ばない時があるのが一番の問題になると思います。
自分自身でボールを飛ばす必要があるラケットなので力のくわえ方が上手くいかないと飛びません。
ギアからのアクセスだと、ポリで言えばホールド感のあるガットにしてボールを持ちやすくするガットにしたり、そもそもナイロンで反発力がしっかりあるガットにすれば良いと思います。あとは今回テンションを50ポンドで張りましたが、走り回ること前提であるならば私の場合43ポンドくらいがちょうど良いかもしれません。テンションをガクッと下げるのも必要と思います。
技術面でいくならば苦しくてもしっかり早く準備して振り抜くことですね笑

どんな人にオススメ??

ボールの伸びと威力は今まで使ってきたラケットの中でも最強ランクです。
それでいてそういった伸びと威力に優れているラケットほどしんどくないとも思います。確実ではないのですが、デルボトロはこのモデル【Nシリーズだったかも】を未だに使っているはずです。
デルボトロが気にいるってことはそれだけボールの威力を出すのに長けているラケットというのは証明の必要もないですね笑競技者志向でバンバンラケット振る人は一度使ってみる価値があるかもしれません!

最後に

いかがでしたでしょうか。
競技者向きラケットシックスワン95でした。
どこまで一般の人が使いやすくなるかガットを変えたり、テンションを変えたりと何回かにわけて挑戦したいと思いますので、”シックスワン95をラボする!”をお楽しみにお待ちください!

ここまで読んでくれてありがとよ!

K FACTOR SIX ONE 95を中古で探す!

Popular Posts!
スタテニは毎日読めるテニスのブログ♪

2015年から運営するも2017-2019はテニスからほとんど離れていました。
2020年テニス熱が戻ってきた筆者は毎日テニスしています♪

ブログも毎日更新を日課としているので是非、定期的にブログの方にお越しください♪

SNSも作ったからフォローよろしくな!
質問とかあったらガンガンしてくれ♪

Twitterでフォローしよう