テニス ガット張の仕方を検証【うまい下手ってなに??】

このページではテニスのガット張について自分なりに研究したページしているページです。
ガットの張り方【筆者流】も合わせて紹介します!

ガット張の見本

ヨネックスのストリンガーチームと言えば優秀でグランドスラムでも張っていますよね。
もう一つはフェデラーのガットを張っている貴重な動画。
私のガット張の説明よりもむしろこっちを重点的に見てください!笑

ヨネックスのストリングチームの人の張り

フェデラーのガットを張っている人の動画

ガットの張り方

ラケットのセッティング

6時と12時方向【フレームの縦方向】からセッティングする

ラケットのセッティングはまずラケットフレームの6時と12時を合わせていきます。
この時に強くしぼりすぎるとフレームが縦方向に変形するのと、塗装が弱いラケットならアダプターの跡がフレームに残ってしまうので注意が必要です!

サイドのアームをラケットにセッティング

縦方向へのセッティングが終われば次はラケットの横方向のセッティングをします。
サイドのセッティングはガット張り機のアームのアダプターの形でどの位置が良いか決まってきます。【メーカーによる】
現在一般的なセッティングはウィルソンのラケットは二種類のシンプルなものになっていますが、その色の変わり目くらいにセットしている人が多いかなと思っています。

最後のチェックポイント

ラケットのセッティングはフレームの変形を防ぐためのもので、セットしたラケットがぐらぐらするようではだめです。かといって強くセットしすぎるとそれもフレームの変形を起こしてしまうので個人的にはこのラケットセッティングは非常に大事と思っています。

筆者は6-12時方向を最初にセットしてサイドをセット。
それでラケットが少し動くようであれば、サイドを緩めてメイン【6-12時】を少しだけ強くセットしてもう一度サイドを絞ります。

できるだけ小さい力でラケットがしっかりと固定されるポイントを探すのがコツだと思っています!

ガット張編

クランプの強さ

ガット張で最初の壁ですが、クランプ【ガットを掴む部分】の強さになると思います。
ホームストリンガーの方はあまり気にしないで良いと思いますが、お店を構えている人はけっこう気にするポイントですよね。弱ければテンションロスになりますし、強ければ適正テンションに近くなりますが、ガットに跡がつく。跡がついてもフレーム近くにつくだけなので使用感には大きな影響はないと思うので、筆者は緩むよりは良いだろうと多少強めにクランプをセットしています。【あまりに目立つのは良くないですよ】

ガット張り機を無水アルコールで吹くことで強くクランプを設定しなくても張れるようになることが多いためマシンのメンテナンスもホームストリンガーの方は検討してください♪

縦糸の最初に注意

筆者の経験上メインのストリングのスタートは結構注意して張る必要があると思います。
最初のスタートは特に緩みやすいポイントなので筆者は一つずつガットを引っ張ってロスが少ないように心がけています。皆さんも注意して張ってみてください♪

横糸を張っているときのたわみに注意

横糸を張っているときにガットがたわんだ状態で引っ張るとガットがまっすぐならずに湾曲した状態でクランプをすることになります。ガットを引っ張っている状態でめなおしをすると余計なテンションがガットにかかるので53ポンドで張っているならそれよりも高いテンションで張りあがることになります。【ピュアドライブ2018で検証済み】
ガット張り機で引っ張った時にどれだけ自然にまっすぐなるように調節する必要があります。

筆者はガットを緩ませたくないのである程度伸ばした状態で、ガット張の進行方向と逆【すでに張っているガットがある方】に引っ張る前にセットしてからガットを引っ張ります。ちょっとまだ曲がっているなと感じたら触る程度に指で目をまっすぐにします【人によってはそれも嫌います】

ガットを引っ張っている状態でガットをまっすぐにすることはテンションロスは防げますが、かなり硬めに張りあがるのであまりおすすめはしません!【なにが正解かはしらないのであくまで筆者の意見】

縦糸と横糸の終わりでテンションを上げる【ノット部分】

最近のガット張り機【コンピューター式】にはノットボタンというのがあって、5ポンドほどテンションを上げてくれます。
ノット【ガットを最終的に止める結び目のこと】をする際にテンションが下がってしまうのであるのですが、
特にフラットベースで繊細なテニスをする人はノット部分のロスでかなり使用感が変わるらしいです【プロの友人談】

またストリンガーによっては無駄な張力をかけるのはラケットに良くないとノットボタンは使わず技術でできるだけテンションロスをしないようにする人もいます。

筆者は友人のガットを張るときは必ず、ノットボタンを押します。笑
日本では端っこのガットのゆるみがガットを張るのがうまい下手の判断の一つになっているからですねw

一部海外のストリンガー【プロ】は全く気にしてないこと人もいるので、日本人は神経質だなーと彼らはきっというでしょう。

するしないが分かれている部分ですが、ホームストリンガーの方は使う人が多いと思います!

いろいろ検証してみる

ガットの横糸のたわみを取るとらないで変わる張りあがりの差

【2020/08/21】にピュアドライブ2018にポリプラズマ1.23mmとポリファイバーの新作ガットを2つ53ポンドで張りました。
この時に意識したのはポリプラズマの方は、テンションがかかっている状態でガットをまっすぐにする。
ポリファイバーのガットは、あえて引っ張り終わった状態でガットが湾曲するようにして最後に目直しをする張り方をしました。

シグナムプロ【あえて硬くなるよう張った方】

硬く張りあがるように張ったポリプラズマ

実は、実際に張りあがりのテンションは58ポンドだったんですが、スクリーンショットを忘れていたため、
こちらは2時間使用したバージョンのものになります。

53ポンドで張ったのに58ポンドですよ笑
ガットの張り方一つでものすごい差が生まれています

ポリファイバー【あえて緩くなるように張ったバージョン】

あえて緩くなるように張ったポリファイバー

こっちは2.1ポンド低い結果になりました。
意識的に低く張りましたが、やはり張り方で変わることの証明になっているかなと思います。

張る時間でテンションは変わってくる??【検証中】

テンション推移

地元で有名なストリンガーに
53ポンドで張ってもらったのですが、
結果は低めのテンション設定です。

実際にうざがられるくらいにガット張を見学させていただいたのですが、ガットを張るのがかなり丁寧で50分ほどかけて一本を張り上げていました。

筆者は一本20分ほどで張り上げている【急いでいるときは13分くらい】のでおそらくは張るペースでもテンション推移は変わってくるのではないかと思っています。

今後検証が必要な部分ですね!

ガット張り機をピッカピカにメンテナンスしてから張ると違いがでるのか【準備中なのでお待ちください】

準備中だから待っててくれ!

終わりに

ガット張は奥が深いことがわかりました。
もはやガットのインプレでさえ、ストリンガーによって違いも出てきそうです。
特に同じテンション【53ポンド】で張っても58ポンドと50ポンドの違いは自分でやっていても鳥肌ものです笑

自分で書いていても面白いコンテンツなので思いつくままに今後追記していきたいと思いますので
ご期待ください♪

テンションを測るために使っているアプリはRACKET TUNEだぜ!
Popular Posts!
スタテニは毎日読めるテニスのブログ♪

2015年から運営するも2017-2019はテニスからほとんど離れていました。
2020年テニス熱が戻ってきた筆者は毎日テニスしています♪

ブログも毎日更新を日課としているので是非、定期的にブログの方にお越しください♪

SNSも作ったからフォローよろしくな!
質問とかあったらガンガンしてくれ♪

Twitterでフォローしよう