ブラックコード4sのインプレ、レビュー画像

比較などではよく出ていたブラックコード4sですが、単体でのインプレ記事がなかったので【2020/09/11】にインプレをしました。

特徴的なポリで好きな人はとても気にいるポリエステルガットです♪

商品情報

商品名 4s
ゲージ【太さ】 1.20mm/1.25mm/1.30mm
品番 1.20mm【単張りTFG405/ロールTFR405】

1.25mm【単張りTFG406/ロールTFR406】

1.30mm【単張りTFG407/ロールTFR407】

カラー ブラック
価格 単張り【2600円+税】/ロール【36400円+税】
素材 ポリエステル、ポリエステルモノ、特殊添加剤、特殊コーティング
原産国 フランス
メーカー説明

攻撃的パワースピンの四角形。独自製法による柔らかでありながらもシャープな打球感

発売当初はブラックコード4sだったんだが、今メーカーページに行って情報を見てたらブラックコードの記載がなくなって4sだけになってたぜ。

インプレ

打球感【硬めの打球感】

打球感はかなりパリッとしています。ホールド感などはほとんどなく即反発。
硬めの打球感ですが、効率よくボールを弾くので硬さはありますが弾き感はすごく良いです。

反発力【めちゃくちゃ強い】

個人的には反発力が非常に強いポリエステルガットだと思っています。
硬くホールドしないがゆえに効率よくボールにパワーが伝わり、しっかりスイングすればとてもボールスピードと反発力を感じます。

あわせてコートに突き刺さるような伸びがあります。

スピンアシスト性【ボールスピード>スピンアシストの関係性な気がします。】

打ち方にもよるところですが、筆者の打ち方【フラットドライブ気味】だとスピンアシストよりもボールスピードと反発性の方が強く感じます。

スピン重視のうまい方が使っているとボールスピード×スピンで非常に攻撃的なボールが飛んでいたので、スピンを多くかける方はその分しっかりかかってくれる印象です。

まとめ【高反発な硬めのスピンガット】

硬めの打球感ですが、強い反発力とボールスピードが出てスイングによっては強烈なスピンがかかります。
扱いこなすのはやや難しい印象ですが、とても攻撃的なプレーに向いているガットで強力な印象。

他ガットと比べる

RPMブラストとポリツアープロ

どちらのガットも柔らかさがあり日本ではかなり人気のあるガットですが、
弾き感  RPMブラスト>ポリツアープロ
ホールド感  ポリツアープロ>RPMブラスト
ボールスピード RPMブラスト>ポリツアープロ
くらいのイメージの両者。

ブラックコード4sと比較するとどちらも柔らかい打球感となります。
4sの方が硬くボールスピードが出て攻撃的。
RPMブラストも柔らかさがありながら、ボールスピードも追求できるガットですが、4sの方がその性能は高いと感じています。

もしブラストやポリツアープロを使っていて、もう少し【けっこう硬くなりますが】硬い打球感でボールスピードを追求したいと考えているのであれば、4sは良い選択肢の一つとなると思います♪

ポリツアーストライク

同じ硬め【4sの方が硬いと思います】のガットですが、反発力は4sの方が高いと感じています。
ストライクの特徴としてはボールの鋭さ。伸びをしっかりと打つと感じる【低弾道気味に飛ぶイメージ】ので
ボールスピードは4s。
鋭さはストライクの印象。

もちろん4sでも弾道を低くすると近しいボールが行きますが、持ち上がりやすいので自然と弾道も上がるイメージを持っていただければと思います。

ツアーバイト

比較的に似ているガットだと考えていますが、
打球感が柔らかい【多少】のはツアーバイトだと考えています。
軽い打球感なのもツアーバイト。
ガットが引っかかる感覚があるのもツアーバイトですね。

ですが、ことボールスピードや爆発力は4sで、スイングスピードが速い人が強い反発力を抑えるくらいスピンをかけられれば4sの方が強力な印象です。

ツアーバイトの方も攻撃的なプレーに向いていますが安定感も出しやすいガットだと考えています。

ボルト

4sに感覚的にもっとも近いと感じたのはボルトです。
性能も似通っているのですが、テンション維持の面で考えると4sの方が良いのかなと思います【ポリなので大きくは変わらないです】
あと打球感が少しボルトの方が硬くスピンアシストがある印象です。

ボルトは二回目の使用で大きく打球感が変わってしまうのがちょっと難点だと考えているのですが、4sの癖をより強くしたイメージです。

ラケット別

FX500TOUR

ブラックコード4sのインプレ、レビュー画像

今まで何回も使ってきたブラックコード4sですが、インプレ記事を書く前にFX500TOURに52ポンドで張って使用しました!

強い反発力のある4sと低弾道気味にボールを打つのに向いているFX500TOURの組み合わせは一言に言って強力です。
FXの持っているボールの伸びと反発力が相まってはまった時の威力と伸びは本当に気持ちが良かったです。
打球感が硬めなのでこれ以上硬いテンションでは筆者としてはきつい【52ポンドでもちょっときつい】のですが、テンションを下げるすぎると飛びすぎるリスクもあります。

打球感にはちょっと我慢が必要ですが攻撃性という意味では非常に優れた組み合わせでした。

ブラックコード4sの処方箋

硬めで反発力の強いガットなのでテンション設定が非常に難しいです。
硬いから低くしようとすると飛びすぎますし、飛びを抑えようとすると硬くなりすぎる。

ラケットを非常に選ぶガットなのですが、筆者のおすすめとしてはしなりがあるラケットやホールド感があるラケットです。
こういったラケットではボールの伸びや威力が収まる傾向があるのですが、4sはこういったラケットたちにぴったりのガットです。

こういったフレームを使っていてもう少しボールスピードが欲しいと感じている方は是非試してみてください♪

終わりに

まとめ

・硬めの打球感で反発力とボールスピードがとても出る。
・しなったりホールド感のあるラケットにおすすめ。
・スピンも使用者によってとてもかかっていた。

いかがでしたでしょうか。
かなり特徴の強いポリエステルガットでしたが、個人的には使いこなせたら強いだろうなーと感じながらちょっと私には安定感を出せないガットです。

若くてガンガンスイングする方は挑戦してみてください♪

ここまで読んでくれてありがとよ!

ブラックコード4s 単張り【安い順番並び替え済み】
ブラックコード4s ロール【安い順番並び替え済み】

Popular Posts!
スタテニは毎日読めるテニスのブログ♪

2015年から運営するも2017-2019はテニスからほとんど離れていました。
2020年テニス熱が戻ってきた筆者は毎日テニスしています♪

ブログも毎日更新を日課としているので是非、定期的にブログの方にお越しください♪

SNSも作ったからフォローよろしくな!
質問とかあったらガンガンしてくれ♪

Twitterでフォローしよう