エクスプロッシブツアー インプレ レビュー 【素材自体は硬め低反発気味のダンロップガット】

ダンロップから今年発売されたエクスプロッシブシリーズのツアーをFX500に52ポンドで使用してきました!
初回インプレは【2020/10/08】です♪

YOUTUBE

ダンロップ公式

ケビンアンダーソン

ふっきーインプレ

ふっきーインプレ

商品情報

メーカー希望小売価格 単張2700円+税/ロール【240m】35000円+税
カラー グレー
素材 ポリエステル
ゲージ 1.25mm/1.30mm
品番 単張【DST11031】/ロール【DST12031
原産国 日本

インプレ

FX500に52ポンドでのインプレだからな!

打球感【しっかり。どちらかというと硬い打球感】

最初に思ったのがかなりしっかりしている打球感ということでした。
感覚としてはポリプラズマよりもしっかりしていて硬い。
FX500にけっこういろいろなポリエステルガットを張って試していますが、その中でも硬めの打球感だったと感じています。

メーカー説明では柔らかいという表現でしたが、52ポンド環境ではツアーバイトやポリツアーストライクよりのしっかりめの打球感を感じました!

反発性【飛ばないわけではないが打点が遅れると飛びが出ない。】

適切な打点でインパクトできれば当然にボールが飛ぶのですが、低いボールや打点が遅れてしまったボールに対して柔らかさを感じず撓む感覚なしに浅くなるかネットになる傾向があります。
ただ、ボールが持ち上がらない【無駄に】ので自分で弾道のコントールをしやすいと感じました。

メーカーの言うコントロール性とは必要以上に弾道が持ち上がらないので自分で調整しやすいよ!という意味合いなのかなと感じます。

ボールの伸びに関してはやはりしっかりとした打点で打てば、推進力のあるボールが飛んでくれます。
しかし、多分このガットにしてはテンションを高く設定しすぎたのか、適切な前の打点でとってもちょっとしんどさを覚えました。

スピンアシスト性【そんなに期待はしない方が良い】

先ほどの弾道のコントロールがしやすいのにも関係していると思うのです、自然と弾道が持ち上がってスピンがかかる印象はないです。
どちらかというと自分でかける技術がある人が低めの弾道で攻撃的なスピンをかけるのに向いている印象を持ちました。
もちろんスピンを多くかけつ技術があるのであれば高い弾道のスピンショットも打てると思いますが、その場合ボールの伸びも出そうとするとかなりのスイングスピードが必要になると思います【52ポンドFX500環境で考えると】

まとめ【高いテンションではガットの良さを感じずらいと予想】

今後また検証したいと思っているのですが、このガットはきっとそれなりに柔らかいテンションで張ることによって良さがでるのだと思います。

メーカー側的には柔らかい打球感ということで紹介をしていますが、ガットを張っている時も柔らかいガット特有のテンションをかけているときのガットが伸縮している感じもなくしっかりめのガットのように思います。

52ポンドは標準よりやや高めくらいの設定【筆者の周りでは】だと思うのですが、FX500に張るのであれば48ポンドくらいでしっかりと良さを感じられるあたりかと。

そうであるならば無駄にボールが持ち上がらない性質と反発力がかみ合ってボールパワーを保持しながらボールが飛んでくれて、打点が遅れた時や低い打点でヒッティングした時もテンションの低さからボールの引っ掛かりや柔らかさを感じられると思います。

明らかに筆者はテンション設定ミスをしました笑

フレームが硬い・柔らかいもあると思いますが、筆者の失敗から皆さんはあまり高いテンションで張らないことを推奨します!

エクスプロッシブツアーの値段を調べる

他ガットと比べる

FX500で筆者はたくさんのガットでインプレしているのでよければそちらも合わせてご覧ください!

RPMブラスト【52ポンド】

fx500とrpmブラストインプレレビュー

反発力が強く打球感も比較的に柔らかい【ポリ全体で普通~やや柔らかいくらいだと考えています】ポリエステルガットのRPMブラスト。

どちらもFX500に52ポンドで張り上げて使っていますが、使用感としては
RPMブラストの方が柔らかく反発性があったと感じています。
また弾道の持ち上がりの良さもRPMブラスト。

一方でエクスプロッシブツアーの方はしっかりと打っていけばボールの伸びがしっかりと出る印象でしたが、
このセッティング環境ではちょっとしんどいと感じました。
ただ、ボールの高低差のコントロールがしやすくメリットも感じられたのでテンション次第でもっと良さを感じられそうです。

ポリツアープロ52ポンド

fx500とポリツアープロインプレレビュー

ポリツアープロはRPMブラストの特徴をさらに強くした印象のポリエステルガットなので、
基本的にはブラストと同じ感想ですが、さらに柔らかさがありボールの持ち上がりを感じるので、柔らかいポリを使いたいという方にはおすすめできるガットです!
【ちなみにFX500に同じ52ポンドで検証済みです】

エクスプロッシブスピン【52ポンド】

エクスプロッシブスピンのインプレ

エクスプロッシブスピンも52ポンドでFX500で検証しているのですが、ガットの動く感覚が強くボールがツアーよりも持ち上がりスピンがかかる印象です。
食いつき感から打球感の柔らかさもあり、柔らかさという観点でもツアーよりも感じます。

ハイパーG【52ポンド】

fx500とハイパーGのインプレ

FX500とハイパーGも52ポンドで使っているのですが、使用感としてハイパーGの方が柔らかさを感じました。
ただ、どちらもしっかりとした打球感気味ではあるのですが、
比べるともちながらボールを飛ばすのがハイパーG
弾きながらボールを飛ばすのがツアーというイメージになると思います。

もちろん、ハイパーGよりもポリツアープロや、RPMブラストの方が柔らかさはあるのですが、
比較的に打球感が近づきつつあるハイパーGとエクスプロッシブツアーの打球感の違いはこんなところだと思います。

ツアーバイトとポリツアーストライク

ツアーバイトとfx500のインプレ

ツアーバイトは打球感としてはかなりツアーに近いところまで来ていると思います。
違いとしてはより反発力を感じられるのはツアーバイトで弾道が持ち上がりスピンがかかる印象がよりあるのはツアーバイトです。
なのでしっかりめの打球感ではありますが食いつき感+弾き+スピンアシストを感じられます。

一方でツアーの方が重厚感のある威力のあるボールが飛ぶ印象。
最も近い類似ガットは個人的にはポリツアーストライク。
おそらく打球感自体はややポリツアーストライクの方が硬く、反発力とボールの伸びもストライクの方があるように思います。【もちろん人による】

エクスプロッシブツアーは無駄な反発性や弾道の持ち上がりなくボールの伸びを出せていけるガットで個人的には味付けの少ないガットだと思います【特に高いテンションでは】
高いテンションではしっかりと自分でスイングしてボールにパワーを伝える人に向いていて、
低いテンションでは反発力があがるので弾道があがりすぎてミスショットが多い人や、弾道コントロールを大切にするプレーヤーに向いていると考えています。

エクスプロッシブツアーの処方箋

先ほども何回も言ってはいるのですがラケットによっては高いテンションではしんどいガットになってしまうのではないかと考えています。

新作のブレード18×20やプリンスのツアー95。
スノワートのような出ているラケット全体が柔らかいメーカーなどにはラケットの柔らかさとガットのしっかり感でバランスをとれるガットだと思います。
こういったラケットを使っていて打球感が柔らかすぎてボールを持ちすぎるだとか、スピード感や伸び感が足りないという場合には良い選択肢の一つになるガットだと考えています。

逆に反発系モデルであったりフレームがしっかりしているタイプのラケットにはテンションを間違えると硬さであったり飛びが足りないなと感じることがある人もいらっしゃるのではないかと思います。
こういったラケットの場合はテンションは少し低めで設定することで帳尻を合わせられるのではないかと考えています。

終わりに

いかがでしたでしょうか。
メーカーの説明とはかなり異なったインプレになったので書きずらかったなというのが本音です笑
低いテンション設定での環境もかなり気になっているので一か月以内には低いテンションで再挑戦をしたいと思っています♪

ここまで読んでくれてありがとよ!

エクスプロッシブツアーの値段を調べる

Twitterでフォローしよう